甘く見ると危ない排水管の水漏れ

甘く見ると危ない排水管の水漏れ 水漏れと聞くと、単純に水が漏れている状態で周囲が濡れてしまうというイメージを持っている人が多くいます。確かに、水によって周囲が濡れてしまうという被害が一般的ではあります。しかし、水漏れを甘く見てはいけません。対処が遅れてしまうと、想像していた以上の被害を出してしまうことにも繋がってしまいます。被害を受けてから後悔するということが発生しないためにも、起こりやすい被害を理解しておくことは大切です。生活する空間でそういった被害を発生させないために、問題を解決するための行動を起こしていきましょう。意識を変えるだけでも、状態が悪化するのを防ぐことができる場合もあります。状況をきちんと把握しておくことは重要です。

■カビと臭い

水が発生する場所というのは、どうしても湿度が高くなってしまいがちです。そして、湿度が高い場所で発生しやすいのがカビです。カビと言えば、良くないイメージを持っている人が多いものですが、カビによって家具がダメになってしまったり服がダメになってしまったりなど、周囲のものに悪影響を与えてしまうケースが少なくありません。また、健康被害をもたらすこともあるので、単なるカビだと甘くみてはいけません。
さらに、カビが発生することになり、カビ特有の嫌な臭いが発生します。臭いが発生するとその臭いを落とすのも大変になってしまいます。普段は発生しないような場所でカビが発生してしまった場合には、事態を改善するために、水漏れを疑ってみるということも大切になってきます。

■クロス・基礎への影響
一般的に、家の基礎部分というのは木を使用していることがほとんどです。そのため、水漏れが発生し、その水が基礎部分にまで達してしまうと、基礎部分にカビが生えたりなどして徐々に腐食してしまいます。なかなか基礎部分というのは気軽に交換ができる部分ではありません。そのため、できるだけ早い段階で気づき、家の深い部分にまで被害が及ぶということは防いでいく必要があります。原因をつきとめて早めに対処するようにしましょう。
また、湿気が発生してしまうことによって、壁に貼られているクロスなどが剥がれてしまうケースも存在します。排水管の水漏れによって、そのような被害まで受けてしまうと、さらに修繕しなければいけない箇所が増えてしまうので、手間とお金が多くかかってしまいます。

■家電への影響

全ての水漏れに言えることではありませんが、排水管が通っている周囲に家電製品などが置かれているという場合は、家電製品への影響も考えなければいけません。水が漏れることによって、家電製品に水がかかります。そうすると、家電が壊れて使用できなくなってしまうこともあります。
そのレベルで済めば良いですが、漏電を起こしてしまうと非常に危ない状況になります。漏電によって火事が起こってしまう可能性も高まり、非常に危機的な状況を作りだしてしまうことにもつながります。火事を引き起こさないためにも、水が漏れていないかを確認するのはもちろんですが、家電の状態もしっかりと確認していくようにしましょう。

■まとめ
排水管の水が漏れてしまうことによって引き起こされてしまう被害に関しては、なかなか自分では予想しにくい部分もあります。その被害を受けることによって、時には日常生活を快適な状態で送ることができなくなってしまうこともありますし、規模の大きな水道 工事を必要としてしまうこともあります。
そうなってしまうと、単純に水の漏れを直すよりも厄介な事態になってしまうため、そこまで深刻化しないうちに対処しなければなりません。もしも怪しいなと感じたときには、早めに業者に見てもらうなどの対処をしていくようにしましょう。勘違いで済めば安心ですし、発見された場合にも素早く修理が進められます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース